火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 平内町 > 東田沢分団機械器具置場

東田沢分団機械器具置場

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 夏泊半島を一周する県道9号沿い、東田沢地区の中心部に建つ櫓。屋根は無く、上端には梁が渡されており、ホース干し用のフックが設置されている他、コの字形に組んだアングルを土台としてサイレンとスピーカーが設けられている。
 見張台は四角形で、高欄は手摺と垂直材、下部外縁が等辺山形鋼製、水平材が平鋼製で、各々ボルトで接合されている。床面はエキスパンドメタル。
脚は四本で、主材、水平材、斜材全て等辺山形鋼製。斜材はX字状に組まれており、各部の結合は斜材の交点も含め全て六角ボルトにより、プレートは用いず直付けになっている。また、各節とも四隅に水平方向に補助材が入れられている。
梯子は一段で桁外設置。ほぼ全体に渡ってリング状の転落防止柵に覆われている。基部はベースプレートとアンカーボルトによって固定されている。

全景 見張台 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.