火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 東通村 > 東通村消防団第十四分団第一ポンプ置場

東通村消防団第十四分団第一ポンプ置場

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
△型

 むつ市街から尻屋崎へ向かう県道6号沿い、石持地区の中心部に建つ櫓。屋根は非常に浅い四角錐で、頂部に鍋蓋のような逆U字型の金具が取り付けられている以外には、屋根飾り、蕨手などの装飾的要素は見られない。半鐘は屋根裏中心部に吊るされている。
 見張台は四角形で、高欄は手摺部が平鋼製、垂直材が細めの鋼管製、四隅と下部外縁が等辺山形鋼製で、床版にはエキスパンドメタルが用いられている。手摺は梯子の昇降口部分が開口している他、スピーカーが一箇所に設置されている。
脚は四本で、主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼製。各部の接合は、X字状に組まれた斜材の交点部分を含め、全てプレートに溶接されている。
梯子は一段で桁外設置。基部は斜材がΛ型に渡されており、下方の水平方向と主材との斜上方向に補剛が入れられている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 基部 基部

ストリートビュー


目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.