火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 青森市 > 青森市消防団大野分団第五班機械器具置場

青森市消防団大野分団第五班機械器具置場

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 あり
見張台 ○型
□型

 国道7号バイパス安田交差点から県道44号を500mほど北上し、路地を西方に一本入った、県道よりやや高い位置に建つ櫓。屋根は浅い円錐形で、頂部は台座が四角形になっている避雷針が設けられている。
 見張台高欄は手摺部と垂直材が太めの丸鋼製で、主な垂直材を保管する中間の垂直材は細めの丸鋼製。水平材はと下枠は等辺山形鋼製。手摺の外周にホース干し用のL字型のフックがほぼ全周にわたって設置されている。
脚は四本で、主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼製。斜材は張力調整装置は設けられておらず、V字型に組まれている。各節と水平材・斜材V字底辺の接合は、いずれもプレートによるボルト締結。脚は上方から下方へ向けて裾広がりになっているが、最下部の節のみ広がり幅が大きく取られている。
梯子は四段で桁内設置。踊り場は上中下段ともに張り出しはなく、鋼管製の欄干が設置されている。
基部は前述の通り尾大きく裾が広がっており、基礎部分から枝分かれするように斜材が設けられ、間に補剛が入れられている。
下段見張台欄干部分には、消防信号表が掲示されている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 踊り場(上段) 踊り場(下段) 基部 消防信号表

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.