火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 常滑市 > 常滑市消防団南陵分団二班

常滑市消防団南陵分団二班

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
柱型

 苅谷漁港の西側、県道252号沿いにある苅谷公民館に隣接する消防団詰所敷地内に建つ櫓。見張台に屋根は無く、頂部には非常に長い避雷針が設けられている。また、角型鋼管を用いた竿が設けられており、ホース昇降用の滑車が吊るされている。
見張台は四角形で、高欄は手摺と下部外縁が溝形鋼製、四隅の垂直材が太目の鋼管、それ以外の垂直材と水平材が細めの鋼管もしくは丸鋼製。手摺の道路側の面とその反対側の面には、ホース干し用のL字フックが取り付けられている。
櫓全体の形状は常滑市でよく見られる主材、支柱にH鋼を用いたものだが、他の櫓が一本の鋼材で構成されているのに対し、この櫓は中間にフランジが設けられ、二節に分割されている。また、他の櫓では傾斜した支柱側に梯子が設けられているが、この櫓では垂直に建てられた主材側に梯子が配置されているという差異が見られる。梯子は全体に転落防止柵が設置されている。

(2020年7月24日訪問)

全景 見張台 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.