火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 設楽町 > 第八分団消防会館

第八分団消防会館

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 設楽町から東栄町へと向かう国道473号沿いに建つ櫓。見張台には屋根は無く、欄干上部にはホース干し用の金具が突き出している。
 主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼を用いて造られており、梯子は桁内に一段で設置されている。
桁に並行してホース昇降用の器具が添木のように設けられている。半鐘は櫓ではなく併設された消防会館の玄関先に吊るされている。

全景 見張台 脚部 基部 半鐘

ストリートビュー


目次 | PageTop | Next
Copyright© 2015-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.