火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 岡崎市 > 岡崎市岩津消防団第四部車庫警備室

岡崎市岩津消防団第四部車庫警備室

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

巴川沿いの岡崎市桑原町、県道338号の大給の里道(おぎゅうのさとみち)沿いに建つ櫓。屋根は反りのついた四角形で、頂部には先端が三ツ叉に分かれた避雷針と風向計、方位標が備えられている。屋根裏中心部には半鐘を吊るす金具があるが、現在は半鐘は設置されていない。
見張台は四角形で、高欄は手摺と外縁部が等辺山形鋼製、垂直材が平鋼製で、装飾的な要素は見られずシンプルな造り。手摺の二面にホース干し用のフックが取り付けられている。床版は平鋼を簀の子状に並べたもの。主材から方杖を用いて支えられているが、見張台と方杖の接点部分は円形にカールした装飾が施されている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。各部の接合はプレートにより、主材、水平材とはリベット締結、斜材はプレートに穿孔し外側から丸鋼を挿入して折り込んだ形となっている。
梯子は二段で、上下段ともに桁内設置。中間に張り出しのない足場のみの踊り場が設けられており、踊り場部分で梯子の向きが90度変わっている。なお、踊り場には高欄は設けられていない。
基部は梯子出入口部分のみアーチゲート状に造作されており、主材との間に補剛が入れられている。基礎部分は嵩上げされたコンクリートに埋設されており、プレートの半分だけが顔をのぞかせている。恐らくはコンクリート内でベースプレートに接合されているものと思われる。

(2019年8月24日訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2020 HETIMA.NET All Right Reserved.