火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 南知多町 > 南知多町消防団第二分団

南知多町消防団第二分団

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 豊浜地区中心部の西側、国道247号が急カーブを描く岬の東側に並行する市道沿い建つ櫓。屋根は無いが、上端部には軒棟のようなものが設けられており、中心部には半鐘が吊るされているため、かつては屋根が掛けられていたものと推測される。半鐘の上には竿が渡されており、先端にはホース昇降用の滑車が取り付けられている。
見張台は四角形で、高欄は手摺と下部外縁が等辺山形鋼製、水平材と垂直材が平鋼製。垂直材の下部は外側へ向けて半円状に張り出している。床版は平鋼を簀の子状に並べたもの。
脚は四本で、主材、垂直材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。各部の接合はプレートを用いており、主材とはリベットで、水平材は六角ボルトで、斜め材とは六角ナットでそれぞれ締結されている。
梯子は二段で、上下段ともに桁内設置。中間の踊り場は、桁内1/4ほどのスペースに足場だけ設けられた簡易なもの。
基部は梯子の出入り部分のみΛ型に斜材が設けられており、斜め上方向に補剛が入れられている。

(2020年7月24日訪問)

全景 見張台 見張台高欄 踊り場 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.