火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 美浜町 > 美浜町消防団河和南部分団矢梨班

美浜町消防団河和南部分団矢梨班

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 あり
見張台 9角型
△型

 国道247号、豊丘浜地区の浜交差点から町道を西へ入ってすぐの橋の袂に建つ櫓。屋根は円盤状の平面となっており、上部に避雷針と風向計を備えている。半鐘は屋根裏中心部に吊るされている。
 見張台は九角形。三本脚の櫓では見張台の形状は三の倍数角をとることが多く、三角形、六角形はよく見かけるが九角形は珍しい。高欄は手摺部と各角の垂直材が鋼管製、その他の垂直材が丸鋼製、下部外縁が等辺山形鋼製。通りに面した辺の手摺部分にはホース干し用のL字型フックが設けられている。
脚は三本で、主材、水平材、斜材のいずれも等辺山形鋼製。斜材はワーレントラス状に組まれている。各部の接合はいずれも溶接により、主材と水平材はプレートを介して、斜材は主材に直接溶接されている。
梯子は一段で桁外設置。ほぼ全体にわたって円形の転落防止柵が設けられている。基礎は三角形で、脚のある部分のみ四角形に持ち上げられており、脚が直接埋設されている。

(2020年7月24日訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.