火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 江南市 > 草井支所の火の見

草井支所の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 県道154号沿い、江南市草井支所の敷地内、入口に立ちふさがるように立つ櫓。直線的な深めの四角屋根に四つ叉の避雷針と風向計を戴いている。見張台の欄干は、爪先にあたる部分が外側に半円状に膨らんだデザイン。
 梯子は四段で桁内設置。三箇所ある踊り場のうち上段と下段は足場のみ、中段の踊り場は桁外に張り出しており、見張台同様欄干の下部が半円状に膨らんでいる。
斜材は丸鋼をリング状のバックルで締結したもので、水平材とは別に中間部分にも水平に丸鋼の補強材が入っている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場(上部) 踊り場(中部) 踊り場(下部) 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2014-2021 HETIMA.NET All Right Reserved.