火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 稲沢市 > 長束ちびっこ公園の火の見

長束ちびっこ公園の火の見

火の見櫓

屋根 △型
半鐘 なし
見張台 △型
△型

 稲沢市民病院の東方、住宅街の中にある長束ちびっこ公園の敷地内に立つ櫓。屋根は反りのついた三角形で、頂部には避雷針が、隅棟には二重巻きの蕨手が設けられている。軒下に半鐘を吊るすものとみられるフックが設けられているが半鐘は見られない。
見張台は隅切りされた三角形で、高欄は手摺と外辺の垂直材、下部外縁が等辺山形鋼製、垂直材は丸鋼製。床面裏にはサイレンが設置されている。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式のバックルで締結したもの。各節の接合にはプレートを用いており、主材とはリベットで、水平材、斜材とは六角ボルトで結合されている。公園にあることからか、中段には時計が設置されている。
梯子は一段で桁外設置。基部の構造も他の節と同様となっている。

(2019年6月訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 基部 時計 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.