火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 山梨 > 身延町 > 下粟倉の火の見

下粟倉の火の見

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 なし
梯子型

早川の下流、早川橋から直線で600mほど南方の山間に位置する下粟倉集落、宗光寺境内の一隅に建つ火の見梯子。主材は古レールを用いており、寸法から見て早川の林用軌道や工事軌道からの転用とみられる。上部に吊るされた半鐘には小屋根が掛けられている。
踏ざんは鋼管製。基部は基礎に埋設された古レールがベースプレートとなっており、レール腹部で主材とボルトで共締めされている。

(2021年11月訪問)

全景 半鐘 踏ざん 基部

ストリートビュー

Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2022 HETIMA.NET All Right Reserved.