火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 東京 > 八王子市 > 高倉稲荷神社の火の見

高倉稲荷神社の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 ○型
□型

 都道256号から一本路地へ入った高荷神社境内に立つ櫓。比較的背が高く、基部では消防器具庫とみられる建屋を跨ぐように建造されている。建屋には分団名などの表示が無く塗りつぶされた形跡があるので、現在も使用されているのか不明。
 屋根は四角形でわずかに反りがついている。頂部には屋根飾りが載せられており、避雷針は屋根中心ではなく見張台から別に立ち上げられている。
梯子は三段で上中段が桁内、下段が桁外設置。中間に踊り場が二箇所ある。上部の踊り場は桁からの張り出しがなく、半鐘は見張台ではなく上部踊り場に設けられている。下段の梯子は櫓と直交する向きになっており、下段の踊り場は梯子部分だけが桁外に大きく張り出しいる。出入口部分の斜材はアーチ状の造形。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 上部踊り場 下部踊り場 下部踊り場出入口 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2014-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.