火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 静岡市 > 旧静岡市井川支所

Facebook Twitter  Pin it

旧静岡市井川支所

火の見櫓

 静岡市葵区の奥部、井川地区の中心に位置する静岡市井川支所の屋上に設けられた櫓。もともと庁舎の屋上には監視用の望楼が一体で設けられていたが、何故かその上に、通常の火の見櫓の見張台部分だけを上乗せした格好になっている。
 屋根の頂部には、くの字型の丸鋼と、その下に半円状の丸鋼の装飾兼避雷針が設けられており、遠目にみるとイカの様に見えるのがユーモラス。屋根自体は浅めの四角錐型で頂部以外には装飾はみられない。
見張台は全て等辺山形鋼で構成されている。コンクリート製の望楼の屋根に設けられているが、望楼からはアクセスできず、屋上床面から梯子を使ってアクセスするようになっている。

※既に撤去済みです。

(2015年6月訪問)

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
なし

全景 見張台 屋根 見張台高欄

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next