火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 川根本町 > 徳山の火の見2

徳山の火の見2

火の見櫓

 大井川鐡道本線 駿河徳山駅から東へ900mほど、徳山地区の最奥部に建つ火の見櫓。屋根はなく、頂点部分には逆L字型の柱に吊るされた半鐘が設置されている。
見張台は片側にのみ張り出した半円形。高欄は手摺、垂直材、下部外縁のいずれも等辺山形鋼製で、床版は平鋼を簀の子上に並べたもの。
脚は四本で、主材、斜材、水平材のいずれも等辺山形鋼製。斜材はワーレントラス状に組まれているが、一部のみ水平材が入れられている。
梯子は外付け一段で、下部から見張台まで転落防止柵で覆われている。

(2022年3月訪問)

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 半円型
□型

全景 見張台 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next