火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 川根本町 > 接岨の火の見2

接岨の火の見2

火の見櫓

 大井川鐵道井川線、接岨峡温泉駅そばの県道沿いに建つ櫓。川根地区で散見されるH鋼を梯子型に組んだ上に見張台を設けた形状をしている。頂部は山形に造作されており、頂点の下に半鐘が吊るされている。
見張台は四角形で、高欄は鋼管製。床版にはエキスパンドメタルが敷設されている。
梯子はゆるい傾斜で桁に対して垂直方向に階段状に設置されている。

(2022年2月訪問)

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 □型
梯子型

全景 見張台 半鐘 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next