火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 浜松市消防団浜北第七分団

浜松市消防団浜北第七分団

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 △型
△型

天竜浜名湖鉄道岩水寺駅の東方、同線と新東名高速道路が交差する地点の近隣に建つ櫓。見張台は三角形で屋根はなく、手摺部を含む外枠に鋼管、水平材と欄干には平鋼が用いられている。照明やアンテナ、ホース昇降用の滑車、床上にはサイレンが設置され賑々しい。
脚は三本で、主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼製。斜材はV字型に組まれており、各節の締結はプレートとリベットを用いている。通りに向いた面には「火の用心」の看板が掲げられている。
梯子は二段で桁内設置。中間に張り出しのない踊り場が設けられている。
基部はアーチ型の斜材がやや下めに設けられており、主材との間には斜材が補剛として組み込まれている。

(2016年5月5日訪問)

全景 見張台 踊り場 火の用心看板 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop
Copyright© 2016-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.