火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 宮口野口の火の見

宮口野口の火の見

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 なし
△型

 天竜浜名湖鉄道宮口駅の南方1.5kmほどの県道296号の東側を併行する市道沿いの五叉路、宮口野口交差点脇に建つ櫓。かつての秋葉街道の「野口の辻」と呼ばれる分かれ道に位置している。
屋根はなく、脚は三本で主材、水平材、斜材すべて等辺山形鋼製で、一面は水平材が梯子を兼用した形になっている。各部の結合は全て溶接で結合されている。丈が低いため斜材は上方一箇所にのみ設けられている。
基部には天然石を利用した道標、背後にはお堂が建ち、前には宮口三十三観音の八番から十二番までの石像が並び、交通の要衝であった事が伺える。

(2016年5月5日訪問)

全景 頂部 半鐘 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2016-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.