火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 浜松市 > 大谷自治会倉庫

大谷自治会倉庫

火の見櫓

 東名高速道路 三ケ日インターチェンジから県道308号を1.3kmほど北上した先、大谷自治会倉庫の敷地内に建つ櫓。屋根は反りのついた四角形で、頂部には避雷針と風向計が備えられている。半鐘は屋根裏中心部に吊るされている。
見張台は四角形で、高欄は手摺、水平材、垂直材、外縁部のいずれも等辺山形鋼製。間には+と○を組み合分けた装飾が施されている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材が平鋼製。各部の接合は主材へ丸頭ボルトでの直接締結となっている。斜材の交点もボルト留めがされている。
梯子は一段で桁内設置。基部の梯子出入り部分はアーチ状に造作されており、その上部には扁額のように「東浜名村消防団 第三分団 昭和二十八年九月竣工」と記された扇形の製造銘板が掲げられている。また、主材には「戸豊橋 Λ(山)六鉄工所」と記された製造銘板が掲示されている他、基礎部分には何を記したのかは不明だが「和田正美 藤原林業」と記されたアクリル製と思われるプレートも設置されている。

(2021年11月訪問)

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部 記名プレート 分団銘板 製造銘板

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next