火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 静岡 > 御殿場市 > 印野小木原の火の見

印野小木原の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 陸上自衛隊東富士演習場の南東方、県道155号から市道を東へ入った小木原地区の中ほどに立つ櫓。屋根は深めの四角錐形で、鼻隠しの部分は深めで内側に傾斜するような形態となっている。屋根裏中心部には半鐘が吊るされている。
 見張台は隅切りされた四角形で、高欄は手摺と外縁部が等辺山形鋼製、垂直材が平鋼製。手摺の一辺にはホース干し用の竿が手摺と並行して設置されている。
脚は四本で、主材、斜材、水平材ともに等辺山形鋼製。各部の接合はいずれも六角ボルトにより、主材とは直接締結されている。X字状に組まれた斜材の交点も六角ボルトで接合されている。
梯子は二段で、上段が桁内、下段が桁外設置。中間には張り出しのない踊り場が設置されており、梯子の出入り部分は両側が門のような造作、上部がアーチ状の造作となつている。
基部は梯子が桁外設置のため、他の節と同様の構造になっている。

(2020年8月6日訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.