火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 宮城 > 仙台市 > 仙台市泉消防団八乙女分団機械器具置場

仙台市泉消防団八乙女分団機械器具置場

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 仙台市街の北側に位置する泉区、仙台市営地下鉄南北線黒松駅の東方約2kmの住宅街の中に建つ櫓。屋根は非常に浅い四角形で、頂部に避雷針、風向計、屋根飾りを備える他、隅棟には蕨手が取り付けられている。屋根下には等辺山形鋼製の竿二本が渡されており、片側にはホース昇降用の滑車が、反対側にはホース干し用のフックが設置されている。屋根を支える柱(主材)の上部にはアーチ状の方杖が渡されている。
見張台は四角形で、梯子の出入り部分は斜めに切り欠きが入れられている。部材は手摺部と外縁が等辺山形鋼、垂直材が丸鋼製、床面は鉄板敷きになっている。半鐘は設置されておらず、変わりに柱部に一基、床面に備えられた台の上に一基の合計二基手回し式のサイレンが用意されている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材が丸鋼をリング式張力調整装置で締結したもの。各部の接合はプレートにより、主材はリベットで、水平材は六角ボルトで、斜材はプレートに穿孔し部材の丸鋼を外側から折り混み内側からナットで締結しており、それぞれの接合方法が異なっている。主材は下三節がハの字型の末広がり、上二節が垂直の中折れした形態となっている。
梯子は一段で桁外設置。基部はΛ形に斜材が設けられ、そこから斜上方向に補助材が入れられている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.