火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 宮城 > 栗原市 > 栗原市消防団若柳地区団第二分団第二部片町ポンプ置場見

栗原市消防団若柳地区団第二分団第二部片町ポンプ置場

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 栗原市若柳地区(旧若柳町)市街の東方にある若柳総合文化センターに隣接した場所に建つ櫓。小さめの円錐形屋根は風向計などの装備や装飾は見られないが、屋根の傍らに後付けと見られる避雷針が装備されているのと、VHFアンテナが装備されているのが目立つ。
 見張台は四角形で、高欄は手摺部、垂直材、外縁部など全て等辺山形鋼製。床面は平鋼を簀状に並べている。また、半鐘は設置されていない。
脚は四本で、上から見ると台形状に配置されており、通りに相対した面は桁間隔が狭く、水平材が細かい間隔で入れられ梯子を兼用している。その他の面はワーレントラスに水平材を足した配置となっている。部材は主材、水平材(梯子兼用部を除く)、斜材共に等辺山形鋼製、梯子部の水平材は丸鋼製。各部の接合は、梯子部の水平材が溶接による以外は、ボルトで主材と水平材、斜材を締結している。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー

Prev | 目次 | PageTop | next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.