火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 京都 > 京都市 > ぎおん楽宴小路の火の見

ぎおん楽宴小路の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 なし
□型

 鴨川に架かる四条大橋から四条通りを東へ300mほど進み、花見小路通りを北へ入った一角にある「ぎおん楽園小路」と名付けられた一角の中庭部分に建つ櫓。江戸時代の木造櫓を模したデザインをしている。
 屋根は四角形で半鐘が軒先に吊るされているが、半鐘のある見張台にあたる部分へ至る梯子や階段は設けられておらず、実際には「火の見櫓」としての用をなさないオブジェクトとなっている。
主材は角材を意識したのか角型鋼管を用いている。周囲が板に覆われているので内部構造は確認できないが、視認できる下端の水平材はH鋼製となっている。
基部には東屋が設けられており、訪問客が休憩できるようになっている。

(2019年12月7日訪問)

全景見張台 「安楽小路」の看板 脚部 基部

ストリートビュー

目次 | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.