火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 京都 > 京都市 > 安寧消防分団器具庫

安寧消防分団器具庫

火の見櫓

屋根 切妻型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 京都市内の七条通沿い、七条通堀川交差点の西70mほど、西本願寺の南側に立地する消防団詰所に設置された櫓。
建付けが非常に特徴的で、詰所の二階部分に一体化するように設けられており、洛中という立地から景観に配慮したのか木造となっている。
 屋根は切妻で、屋根裏中央部に半鐘が設けられており、傍らには打鐘用の木槌も吊るされている。小屋梁の部分には、「安寧消防分団」と記された扁額が掲げられている。
梯子は一階の軒部分までしかないため、実際に打鐘する場合には別途梯子を用意する必要がある。

(2019年12月7日訪問)

全景見張台 半鐘

ストリートビュー

目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.