火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岩手 > 奥州市 > 奥州市消防団第二十三分団第二部

奥州市消防団第二十三分団第二部

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 国道4号を前沢から北上し、古城地区の入口にあたる旧道と新道の分岐点に立つ櫓。屋根は円錐形だが非常に浅く、ほぼ円盤に見える。見張台は屋根にあわせた円形で、高欄は手摺部が鋼管、垂直材が丸鋼製で、手摺部は梯子出入口周りが円弧状に張り出している他、全方位に向けてL字型のホース干し用フックが突き出している。
主材は鋼管製の柱一本で、梯子は緩く傾斜をつけて地平から見張台を一段で結んでいる。形状は近接する「熊野コミュニティセンター」の火の見櫓と非常に似ているが、梯子出入口の造作が異なっている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー

Prev | 目次 | PageTop
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.