火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岩手 > 北上市 > 北上市消防団第十二分団第二部屯所

北上市消防団第十二分団第二部屯所

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 JR東日本 北上線立川目駅の西北西約1kmにある北上市立笠松小学校の南側、市道沿いに立つ櫓。屋根は浅めの四角形で、頂部には大き目の矢形の風向計が設けられている。四隅には幅広で大型の蕨手が、屋根裏からではなく屋根板上部に取り付けられているのが特徴的。半鐘が屋根裏中心部に吊るされているほか、柱部分に手動式のサイレンが設置されている。また、ホース干し用の竿が両側に一本ずつ突き出している。
 見張台は四角形で、高欄は手摺と下部外縁が等辺山形鋼製、水平材が平鋼製、垂直材が丸鋼製で、水平材より上部は、垂直材の替わりにS字型を鏡像に組み合わせたような造形で手摺を支持している。梯子の出入口部分は半円状に外側へ張り出しており、丸板を桜の花状に切り抜いた消防団の紋章をイメージした装飾が取り付けられている。
脚は四本で、主材、水平材は等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で締結したタイプ。各部の接合はプレートにより、主材はリベットで、水平材と斜材は六角ボルトで締結されている。
梯子は一段で桁外設置。基部はΛ状に斜材が設けられ、更に斜め上方主材方向に補剛が入れられている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2019 HETIMA.NET All Right Reserved.