火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 岐阜 > 多治見市 > 多治見市消防団池田分団

多治見市消防団池田分団

火の見櫓

屋根 11角型
半鐘 なし
見張台 △型
△型

国道19号、JR東海 中央本線・太多線に囲まれたエリアの市道沿いに建つ櫓。屋根は六角形の角を切り欠き9角形になるべきところ、さらに一辺のみ庇のように張り出しがあるため、それを含めると11角形という複雑な形状になっている。頂部にはへの字型の取っ手のようなものが取り付けられている。
見張台は六角形で、高欄は手摺が鋼管製、外縁下部が等辺山形鋼製、垂直材が丸鋼製。手摺部のうち三辺にはホース干し用のL字型フックが設置されている。半鐘は設けられていない。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼に枠式ターンバックルを装着したタイプ。各節の接合はプレートにより、主材、水平材とは丸頭ボルトで、斜材は端部に平鋼板を溶接し、それを丸頭ボルトで締結している。
 梯子は一段で桁外設置。下端部までの大半に、半円形の転落防止柵が設けられている。基礎は、脚の接合部を覆うようにプレート周辺をコンクリートが覆い、逆T字型のようにやや持ち上げられた形状になっている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.