火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 福島 > 南相馬市 > 岡和田の火の見

岡和田の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 県道268号を鹿島の中心街から真野地区へ向かう途中、市道を南側へ入ったところに建つ櫓。中心に向かうにつれて大きな反りを描く四角屋根は、頂部に先端が四ツ叉になった避雷針と風向計が備えられているが、風向計は破損し、前方半分が欠落している。
見張台は隅切りされた四角形で、高欄は手摺部と下部外縁が等辺山形鋼製、水平材と垂直材が平鋼製。床面は平鋼を簀の子状に並べたもの。手摺部にはホース昇降用の滑車が二基設置されている。
脚は四本で、主材、水平材は等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング式のバックルで締結したもの。各部の接合にはプレートは用いられておらず、主材に六角ボルトで直接結合されている。
梯子は一段で桁外設置。隣接する器具庫の壁面に消防信号表が掲示されている。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部 消防信号表

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2020 HETIMA.NET All Right Reserved.