火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > むつ市 > 磯谷地区漁民研修センター

磯谷地区漁民研修センター

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 △型
梯子型

 斧のような形状をした下北半島の、斧の刃先にあたる津軽湾口にある磯谷地区、国道338号から港へ向かう道の分岐点にある磯谷地区漁民研修センターの敷地内に建つ火の見梯子。海岸沿いであり塩害を避けるためか木造となっている。
 梯子型で、主材は太めの丸太二本で形成され、梯子の足場は平板を木柱に打ち付けている。半鐘は頂部に張り出した梁に吊るされており、小屋根が掛けられている。
半鐘の下部には、方杖に支えられた三角形の足場が設けられている。床は平板を簀状に配している。
基部は土中に埋設された木柱を、やや粗いコンクリートで固めている。

全景 見張台 半鐘 基部

ストリートビュー


目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.