火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 六ヶ所村 > 六ヶ所村消防団第二分団屯所

六ヶ所村消防団第二分団屯所

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 △型
△型

 国道338号沿い、田面木沼と高瀬川に挟まれた平沼地区の駐在所脇にある消防団詰所に建つ櫓。見張台に屋根はなく、頂部は腕金を組んだ台座にサイレンとスピーカーが設置されている。なお、半鐘は設けられていない。
見張台高欄は手摺部が腕金製、垂直材が丸鋼製で、それぞれの部材はバンドで脚部に固定されている。床板は木製角材を用いている。
脚は三本で、電柱と同様のコンクリート柱。梯子は一段で桁外に外付けされている。梯子本体はアルミ梯子を連結して利用しており、脚とはバンドで固定された角材を介して固定されている。

全景 見張台 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.