火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 平内町 > 中野分団機械器具置場

中野分団機械器具置場

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 国道4号から県道9号を夏泊半島方面へ北上して最初の集落、中野地区の中心に建つ櫓。見張台に屋根はなく、頂部には、上部に渡された梁の上に更にコの字を伏せた形状のアングルを土台にしてサイレンが設置されている。梁にはホース干し用のL字型フックが張り出している。見張台は四角形で、高欄は手摺、垂直材、下部外縁が等辺山形鋼製、水平財が平鋼製。
脚は四本で、主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼製で、斜材はX字状になっている。接合は、いずれの箇所も六角ボルトによる。
基部はやや嵩上げされており、ベースプレートとアンカーボルトで固定されている。

全景 見張台 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.