火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 青森 > 青森市 > 青森市消防団横内分団第一班機械器具置場

青森市消防団横内分団第一班機械器具置場

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 ○型
△型

 青森市街の南部、八甲田方面へ向かう横内バイパスが完成して旧道扱いとなった、国道103号沿いに建つ櫓。屋根はなく、見張台の頂部は柱の上に等辺山形鋼を組んだ枠が設けられ、そこにホース昇降用の滑車、ホース干し用のL字フックが設けられ、半鐘も吊るされている。
 見張台は円形で、高欄は手摺部と垂直材が細めの丸鋼製、水平材は太めの平鋼製。梯子の昇降口部分のみ欄干が四角状に外側へ張り出している。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼、斜材が丸鋼をリング式張力調整装置で結合したもので、各節の接合はプレートにより、主材はリベットで、水平材と斜材はボルトで締結されている。
梯子は一段で桁外設置。基部の斜材は他の節と同様に丸鋼製の斜材が入れられている。

全景 見張台 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2018 HETIMA.NET All Right Reserved.