火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 豊田市 > 豊田市消防団第十方面隊第一分団

豊田市消防団第十方面隊第一分団

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 国道153号と国道257号の交差する稲武町交差点の角に立つ櫓。交通量の多い交差点で非常に良く目立つ立地。反りのついた屋根には避雷針、屋根飾り、蕨手が取り付けられている。
見張台に半鐘は無く、踊り場に吊るされている。見張台、踊り場とも、欄干は下部に半円状の張り出しがある三河地区ではよく見かけるデザイン。基礎は地面から30センチほど持ち上げられている。

全景 見張台 踊り場 基礎

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2013-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.