火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 豊川市 > 橋尾町の火の見

橋尾町の火の見

火の見櫓

屋根 ○型
半鐘 あり
見張台 ○型
△型

 県道380号から東に入った豊川沿いにある橋尾町の中心部に建つ櫓。屋根は浅い円形で、頂部には先端が四つ叉になった避雷針が設けられている。
 見張台は屋根に合わせて円形で、高欄は手摺と床板枠部分が等辺山形鋼、主材と水平材は平鋼を用いており、手摺部には四方へ向けてスピーカーが設けられている他、ホース干し用のフックが張り出している。
脚は三本で、主材、水平材が等辺山形鋼を用いており、斜材は丸鋼をリング式張力調整装置で締結したもの。各節の結合はプレートにより、主材同士はリベット、水平材、斜材はボルトで締結されている。
基部は三方ともアーチ状の斜材があしらわれている。梯子は一段で桁外設置。

全景 見張台 屋根 見張台欄干 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2016-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.