火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 常滑市 > 西之口の火の見

西之口の火の見

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 □型
柱型

 名鉄常滑線西之口駅から市道を400mほど北上した場所に建つ櫓。櫓本体は太めのH鋼二本をやや傾斜を付けて支えあうようにし、中間に水平材を入れた変則的な一本柱形式。
見張台は四角形で屋根はなく、手摺と床面外枠は溝型鋼、主材は丸鋼製で、主材の外側にはL字型のホース干しフックが張り出している。半鐘は脚の最上部から張り出した角鋼の吊り具に吊るされている。
梯子は一段で傾斜がきつく主材を支えるような形で設けられたH鋼に取り付けられており、入口から最上部まで転落防止柵に囲まれている。

(2016年2月27日訪問)

全景 見張台 梯子 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2016-2021 HETIMA.NET All Right Reserved.