火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 名古屋市 > 有松消防団

有松消防団

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 東海道池鯉鮒宿と鳴海宿の間宿として栄えた有松の街中、名古屋鉄道名古屋本線 有松駅近傍にある消防団詰所に設けられた櫓。非常に規模が大きく、用途としてはホース乾燥塔とした方が適切と思われるが、四角錐型の屋根や半鐘を備えていることから火の見櫓と分類する。屋根は一文字葺きで棟包みが設けられている。半鐘は屋根裏中心に吊るされている。
 見張台は四角形で張り出しが無く、高欄は手摺がリップ溝形鋼、垂直材、水平型が角型鋼管製とみられる。手摺部分にはホース干し用のL字フックが設置されている。床版はエキスパンドメタル。
脚は四本で、主材、水平材ともにH鋼製。下二節は階段となっているため、梯子を用いている上二節よりも桁間が広く取られている。
前述の通り昇降は下二節が階段、上一節が梯子となっており、階段は一階道路部の他、詰所二階にも接続している。
基部は柵と扉によって封鎖されており、通常は立ち入ることができない。

(2021年9月訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 三階 二階 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2008-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.