火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 名古屋市 > 上小田井の火の見

上小田井の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 庄内川の堤防に立つ櫓。反りのついた四角屋根で、頂部には避雷針と風向計を備えている。蕨手などの装飾は見られない。半鐘は屋根裏中心部に吊るされている。
見張台は角にRのついた四角形で、高欄は手摺と下部外縁が等辺山形鋼製、水平材と垂直材が平鋼製。垂直材の下側は半円状に外側に突き出した形状となっている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材が丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。各部の接合はプレートにより、主材とはリベットで、水平材とは六角ボルトで、斜材とは六角ナットでそれぞれ締結されている。
梯子は二段で、上下段ともに桁内設置。中間の踊り場は足場のみの簡易なもの。櫓本体は水色で、梯子だけが黄色く塗られている。
 基部は梯子出入口部分がアーチ状に造作されている。基礎には「昭和三(五?)年七月 寄贈者 朝比奈長次郎」と記された礎石がある。

※2021年12月21日に撤去済みです。

全景 見張台 基礎 礎石

ストリートビュー


目次 | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2010-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.