火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 名古屋市 > 旗屋西部説教所の火の見

旗屋西部説教所の火の見

火の見櫓

屋根 □型
半鐘 あり
見張台 なし
□型

 熱田神宮公園南側の住宅街の中にある、寿淋寺 幡屋西部説教所の敷地内に建つ半鐘台。高さ3m弱程度ながら火の見櫓状の形状をしている。屋根は四角錐状で、頂部には避雷針と呼んでよいのか微妙な、鍋蓋の把手のような突起物が設けられている。半鐘は屋根裏中心に吊るされている。
 火の見櫓のような形状をしているが、高さが非常に低いため見張台は設けられていない。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材が丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。梯子は一段で桁内設置。
基部は梯子の出入り部分のみアーチ状に斜材が造作されている。基礎の部分は主材を取り囲むようにコンクリート製の円柱が地平の基礎から突き出している。

(2020年6月7日訪問)

全景 半鐘 基部 基礎

ストリートビュー


目次 | PageTop | Next
Copyright© 2020 HETIMA.NET All Right Reserved.