火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 南知多町 > 南知多町消防団第三分団

南知多町消防団第三分団

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 国道247号沿い、知多半島のほぼ先端にあたる師崎漁港の傍らに建つ櫓。屋根はないが、上端部に軒桁のようなものが見られるため、かつては屋根が存在したが後年撤去された可能性も推測される。
見張台は四角形で、高欄は手摺と外縁部が等辺山形鋼製、垂直材が丸鋼製。床版は平鋼を簀の子状に並べたもので、床上にはサイレンが設置されている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。各部の接合にはプレートを用いており、主材、水平材は六角ボルトで、斜材はプレートに穿孔し、丸鋼を外側から織り込んで裏側で六角ナットによって締結されている。
梯子は二段で、上下段ともに桁内設置。中間には桁内1/2程度のスペースの足場のみの踊り場が設けられている。
基部は梯子の出入り部分にゲート状にハの字型の斜材が設けられており、水平方向に補剛が一本入れられている。

(2020年7月24日訪問)

全景 見張台 屋根 見張台高欄 踊り場(上段)

ストリートビュー


目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.