火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 美浜町 > 美浜町消防団河和分団北班詰所

美浜町消防団河和分団北班詰所

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 □型
□型

 国道247号沿い、名古屋鉄道河和線 河和駅から南へ500mほどの場所にある消防団詰所の敷地内に建つ櫓。近隣の「美浜町消防団河和分団北方一号車班」の櫓と類似した形状をしており、ホース昇降用の滑車を吊るす支柱のカーブが目を引く。
 見張台は四角形で屋根は無く、高欄は手摺と下部外縁が等辺山形鋼製、垂直材が丸鋼製。滑車のある面の手摺にはホース干し用のL字フックが設けられている。
脚は四本で、主材、水平材、斜材ともに等辺山形鋼製。各部の接合にはプレートを用いており、主材とは溶接で、水平材、斜材とは六角ボルトで締結されている。X字状に組まれた斜材の交点にもプレートが用いられており、こちらは片方が溶接、もう片方が六角ボルトで締結されている。
梯子は一段で桁内設置。基部は梯子の出入り部分を広めに開口するなどの処理が行われておらず他の節と同様の形状となっており、桁内への出入りがややしづらそうな印象。

(2020年7月24日訪問)

全景 見張台 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.