火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 春日井市 > 大留消防団

大留消防団

火の見櫓

屋根 △型
半鐘 あり
見張台 △型
△型

 庄内川にほど近い住宅地の市道沿いに立つ櫓。反りのついた浅めの三角屋根には、避雷針と風向計、ささやかな屋根飾りと蕨手を設けている。見張台は三角形の頂点を切り欠いた形状で、欄干の下端は外側へ向けて円弧状にふくらみをつけた装飾となっている。
 半鐘は見張台のほか、中間部分にも設置されている。斜材は上三節と最下節が丸鋼をX字状にリング状のバックルで締結したもので、その間の半鐘が吊るされている二節は平鋼をZ字形に組んだもので、二通りの方式が採用されている。
梯子は一段で桁外設置。基礎は周辺路盤よりかさ上げされており、最下段の斜材取り付け部分はコンクリートに埋設されいる。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 半鐘 水平部ブレース 基礎

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2014-2022 HETIMA.NET All Right Reserved.