火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 稲沢市 > 船橋の火の見

船橋の火の見

火の見櫓

屋根 △型
半鐘 あり
見張台 □型
△型

 三宅川と東海道新幹線が交差する地点のやや西側、船橋地区の市道沿いに立つ櫓。反りの付いた三角形の屋根は非常に小さく、半鐘部分のみを覆っている。
見張台は桁全体を取り巻くのではなく、片側にのみ籠が張り出した簡易な形状をしている。手摺部を含む外枠は等辺山形鋼、垂直材は平鋼製で、垂直材下部足下部分は円弧状に外側へ張り出している。
脚は三本で桁間は狭め。主材、水平材は等辺山形鋼製、斜材は丸鋼をリング状のバックルで締結したもの。桁間が狭いことからか梯子は一段で外付けとなっている。

全景 見張台 屋根 見張台高欄 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2015-2022 HETIMA.NET All Right Reserved.