火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 半田市 > 半田市消防団鴉根分団

半田市消防団鴉根分団

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 ○型
△型

 名古屋鉄道河和線 青山駅から西方へ直線距離で約1.5km、南知多道路沿いの市道稲荷町交差点のそばにある消防団詰所の敷地内に立つ櫓。
 見張台は円形で屋根は無く、中央部にはホース干し用の滑車を吊るす竿を支えるための柱が建てられている他、八木アンテナと、床面にサイレンが設置されている。
脚は三本で、主材が太い鋼管製、斜材が鋼製。斜材はワーレントラス状に組まれており水平材は設けられていない。本体は4ブロック構成で、各ブロックの継ぎ目は等辺山形鋼をフランジ状に溶接したものを六角ボルトで共締めしている。
梯子は一段で桁外設置。基部は櫓の構造体がそのままコンクリート基礎に埋設されている。

(2020年7月24日訪問)

全景 見張台 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop
Copyright© 2007-2019 HETIMA.NET All Right Reserved.