火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 知立市 > 知立市消防団第三分団詰所

知立市消防団第三分団詰所

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 △型
△型

 国道1号と155号の交わる宮古市交差点の南西、知立神社の南側の国道155号の側道沿いに建つ櫓。見張台に屋根は無く、高欄は手摺部、垂直材ともに丸鋼製。手摺部にホース干し用のL字フックが設けられている他、見張台上部にはホース干し用と思われる桁が、また防災無線のスピーカーや八木アンテナなどが設けられ、かなり賑やかな印象。
脚は三本で、主材、水平材、垂直材のいずれもが鋼管製で、各部の結合はいずれも溶接による。接合部分には板材があてられている。
梯子は一段で桁外設置。全体にわたって転落防止柵が設けられている。

(2021年5月訪問)

全景 見張台 脚部 基部

ストリートビュー


Copyright© 2020 HETIMA.NET All Right Reserved.