火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 阿久比町 > 阿久比町消防団第五分団

阿久比町消防団第五分団

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 なし
見張台 ○型
△型

 名古屋鉄道河和線 植大駅から西へ直線距離で600mほど、東山ノ手地区の住宅街の中にある消防団詰所に隣接して建つ櫓。見張台は円形で屋根は無く、中心部にホース昇降用の滑車を吊るすための竿を支える柱が建てられている。床版はエキスパンドメタル製。
 脚は三本で、主材が太い鋼管製、水平材と斜材が丸鋼製。斜材はKトラスを天地逆向きにした配置となつている。本体は4ブロック構成になっており、各ブロックの接合部分は等辺山形鋼をフランジ状に溶接し、六角ボルトで共締めしている。接合部分には、干したホースが風で暴れるのを防ぐための柵が扇形に設置されている。
梯子は水平材をそのまま使用しており、中間より上部には転落防止策が設けられている。基部は本体ごとコンクリート基礎に埋設されている。

(2020年7月24日訪問)

全景 見張台 脚部 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop
Copyright© 2020 HETIMA.NET All Right Reserved.