火の見櫓図鑑

Home > 火の見櫓図鑑 > 愛知 > 美浜町 > 細目公会堂

細目公会堂

火の見櫓

屋根 なし
半鐘 あり
見張台 □型
□型

 国道247号沿い 冨具崎港の北側を流れる冨具崎川に沿って町道を東へ進んだ先、細目公民館の敷地内に建つ櫓。見張台に屋根は無く、H鋼を用いた門型の柱か建てられており、半鐘が吊るされている他、スピーカーや蛍光灯、ホース昇降用の滑車が設けられている。
見張台の高欄は、手摺と外縁部が等辺山形鋼製、垂直材が丸鋼製。手摺部にはホース干し用のL字状のフックが設置されている。床板は一枚板となっている。
脚は四本で、主材、水平材が等辺山形鋼製、X字状に組まれた斜材は、片方が等辺山形鋼製、もう一方が平鋼製。各部の接合は、いずれも溶接による。
梯子は二段で上下段ともに桁内設置。中間には足場だけの簡易な踊り場が設けられている。
基部は梯子の出入り部分のみ、Λ型のうち片方の材が無い襷がけのような形で斜材が入れられており、斜材と反対側の主材とのあぃぢにはなぜかトラロープが張り巡らされていた。基部はコンクリート基礎に埋設されている。

(2020年7月24日訪問)

全景 見張台 見張台高欄 踊り場 基部

ストリートビュー


Prev | 目次 | PageTop | Next
Copyright© 2021 HETIMA.NET All Right Reserved.